イギリスで姉弟の子育てしながらソーイング楽しんでます。作ったものの記録と反省を兼ねて。ちょこっとイギリスの育児事情も。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年07月21日 (日) | 編集 |
9月が年度始まりのイギリスでは
夏休み前のこの時期がいわゆる「年度末」
学校でも行事があったり、何かとせわしないです。

9月から新たに小学校 Primary School
通い始める娘は、先週今まで通っていたバレエの教室が最後でした。
1歳になる前から始めた「Baby Ballet」は
里帰りでホリデーを取った以外は、一度も休むことなく
親子で楽しく通わせてもらいました。
娘も、先生が大好きで、お陰でダンスが大好きな娘に育っています。

そんな先生に、何かお礼の品を・・ 作るのが好きなので、
何か手作りのものを、でも、あまり負担に(物理的(場所を取るとか)にも精神的にも)
ならないものがいいなー としばらく前から考えていました。

この時期になると、先生に贈る用の「Thank you」カードやそれに
添える用のギフトグッズがいろいろ店頭に並びます。
写真フレームや、マグなどなど・・
記念というか、楽しかった思い出、の意味も込めて
写真・・・ と思ったんだけど、
ふと、娘にとっては唯一のバレエの先生だけど、
先生には何十人って生徒さんがいて、毎年その生徒を
見送るたびにきっと、プレゼントをもらってるだろうと思ったのです。
中には写真をフレームにして送る人もいるだろうし、
でも、先生にも子供がいるし、お家は、きっと自分の子供やファミリーの
写真でいっぱいだと思うのです。 
まー、もらって一時は飾ってくれるかもしれないですが。
写真だけなら、アルバムに収めていく・・・ というのも
アリかと思うんだけど、フレームに入れちゃうと・・ 
きっと、処分にも困る (苦笑)
だから、折角だったらあまり邪魔にならなくて
何かにちょっと使えるような、、 そんなものの方が
いいかなあ、と考えていました。

ずっと前に、友達に空き瓶リメイクでピンクッションを作ってあげて
たいそう喜んでもらえたことがあったので、
ジャムの空き瓶は集めていたのだけど、
そういえば、それ以来作っていなかった・・・
ピンクッションじゃなくても、蓋をデコって小物入れみたいに使えるし、
ちょうど日本から送ってもらった、かわいい金太郎飴
(絵柄は金太郎じゃないけど!)が何種類か残ってたので
それを詰めてプレゼントにしようかと。
食べ終わったら、またスイーツを詰めてもらってもいいし、
その他こまごましたものを入れるにも使えるかなー とか。。

ネットでいろいろ見ていると、
蓋を布で覆うときに、少し綿をつめると
柔らかい印象でよさそうだったので、
マネをしてみようかと思ったら・・・

詰める綿がない!! 

仕方がなく、顔ふき取るのに使う脱脂綿?を
代用することに 

20130715_204601.jpg

ちょっと凸凹しちゃったけど、
よしとすることに。。

20130715_204748.jpg

蓋の表地は、娘のワンピースを作ったときのハギレで、
蓋の裏面は、帽子を作ったときのハギレが、ちょうど
バレエシューズのところが余っていた!! ので、
そこを切り取って使うことに。
ちなみに、この布、100均のてぬぐい。
ピンクと黒の色違いがあって、その両方を使って
娘のチューリップハットを作りました。


20130715_210246.jpg


瓶の中に、先生と一緒に取ったツーショットの写真と
 Miss Sophie
 You are NO.1 Ballet teacher!

というメッセージを添えて入れました。
(なんだ、結局写真も入れたのかよ、とか突っ込まないで~!!)

20130715_210315.jpg


それと、(この国では欠かせない?!)カードは、
娘がほとんど自分で書きました。


20130716_132028.jpg


20130716_132040.jpg



でも、やっぱりそれだけじゃちょっと、、だったので
行く途中に花束を買って行きました。
娘は、9月から通う学校の事で頭がいっぱい(楽しみで仕方がない)ので
あっさりしたものでしたが 
(これが最後!っていうのがいまいちピンときていな感じ。)
プレゼントを渡したら、先生の目にはうっすらと涙が浮かび、
こちらまでうるうるしてしまいました。

小学校から上の年齢のクラスもやってるんですが、
やっている場所が遠くなってしまうので、
毎週通うにはちょっと難しいかな、と思い、
9月からは違うバレエの教室に通うことにしました。
でも、サマースクールをやるみたいで、
本当はもう学校に通い始めている子たちのクラスなんだけど、
ダメ元で聞いてみたら、うちの娘は、もうすぐ5歳になるし
長く続けてるからきっと大丈夫でしょう、ということで
入れてもらえることになりました。
だから、本当は最後の最後じゃなかったんだけどね。


プレゼントって、難しい!
お祝いだったり、感謝だったり、
何かの気持ちを伝えたくて、
相手の気持ちや状況も考慮して
喜んでもらえるように
いろいろアイディアを考えるのだけど、
結局は自分の自己満足の世界な気がする。
手づくりのものが、「心こもった」プレゼントとして
ベスト!とも思わないし、
下手をすると、相手の負担になりかねないし。

プレゼントには相手の好みもあるから
本当にビンゴ!なものであるかは、
正直わからないけど
一番大事な「気持ち」が伝わってくれたら・・・
伝わってるといいなと思います。

明日は娘の園の最終日。
午後は、親も集まって、ちょっとしたセレモニーがあります。
涙、出ちゃうかもなーーーー
つられ泣き。
先生、涙もろいからなーーー(笑)



お帰りの際にぽちっとクリック=1票していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:ハンドメイドと素敵な育児
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。