イギリスで姉弟の子育てしながらソーイング楽しんでます。作ったものの記録と反省を兼ねて。ちょこっとイギリスの育児事情も。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年08月25日 (木) | 編集 |
私には義姉と義妹がいます。
義姉はパートナーと一緒にロンドン郊外に家を買って住んでおり、
義妹は、私たちの住む街に婚約者の彼と住んでいます。

義妹の彼は何人か見てきましたが、今の彼を紹介してもらったとき

この彼だ!

ピンときたのを覚えています。
こちらの家族にもすぐに溶け込んでいたし(義母もお気に入りだったし!
何より一緒にいる義妹はいつも幸せそうで。
義妹は仕事をやめて、資格を取るために大学にいっているので、
結婚の話は、あったとしてもまだまだ先かなぁなんて思っていたのですが、
昨年のクリスマス、家族が集まったところで、婚約発表がありました。
何でも、その直前に、この辺で一番大きな教会の前で、片ひざでプロポーズされたんだそう。
 →映画のワンシーンみたいなこと、 こっちの人って平気でできるのよね。ま、絵になるからいいんだろうけど。
  → ・・って書いていて気がついた!実は私もそうやってプロポーズされたんだった~ はっはー 恥

「結婚するんだったらこの彼!」と勝手に思っていた私は、非常に嬉しかったわけです。

年が明け、早速式場予約やらの準備に取り掛かった二人。
いまどきの日本の結婚式事情はわかりませんが、こっちでは、1年~2年かけて
準備をするのが結構普通なんだそうで。
二人の結婚式は、2012年の8月に決まりました。

式場を抑えたりフォトグラファーを探したり・・ なんてところは、日本も一緒かな。
そんなチェック項目の中に、当然
ウェディングドレスを選ぶ
というのがあるわけです。

日本では、ウェディングドレスを買うのって、あんまり聞かない
(その代わり何着も着る、っていうのはあるかな)
けど、こっちでは、結構買う人も多いんだそうです。
義妹も、「買う派」のようで、ネットを中心に自分の好きなデザインなどを探していました。
そして、今日、ここから車で40分ほどのところにあるウェディングドレスのお店に
見に行きたい、ということで、義母と私(+ちびたち)とでいってきたのです。

 ウェディングドレスは、花婿は当日まで目にすることはできないので、
 結婚式準備の中で唯一?一緒には相談できない項目ともいえます。ま、こういうのは女の買い物ですな。
 それに、ウェディングドレスのお店は、アポイントメントオンリーのところがほとんどで、今日もアポをとって
 の出陣(?)でありました。


私たしは、日本で結婚式をしたので(しかも神社→温泉ホテルの超和式。)
こういうお店は初めて。
「アポ オンリー」なんて、どんなポッシュなところだろう。。とどきどき。
こぎれいな格好・・をしていったわけじゃないけど、ジーンズはまずいだろう、と
一応、そうでないものを。娘も、一応ちゃんとワンピースを着せてでかけたら
義妹は

ダボジーンズにTシャツだった!

はは。ま、私が緊張しても仕方がないのだけど。

20110825edit (1)

試着したドレスをみるところ。両面に鏡。
あ、ちなみに、全員にコーヒー&紅茶が振舞われました。

20110825edit (2)


色のドレスも一応ありましたが、やっぱりメインは のドレス。
→ 汚い手で、べたべた触ってもらっては困ります!ってことで、みんな手袋着用。

20110825edit (3)


20110825edit (4)


20110825edit (5)


20110825edit (6)


義母、なんか、店員みたいに手馴れてます。

20110825edit (7)

ここは試着室。

20110825edit (8)


やっぱり女の子なんですね。靴がすきです。

20110825edit (9)


20110825edit (10)

そして「プリンセス」気分になれるドレスも大好き。


7,8着ほど試着したかな?
やっぱり着てみると、本人がイメージしてたのとは違っていたり、
自分では好きでないと思っていたスタイルが実はよかったり。
モダンなものよりは、トラディッショナルなものの方が好きなようで、
レースをあしらったものがとても気に入った様子。

 決して安い買い物じゃないし、今日はとりあえずみるだけで、ほかにも何箇所か見てみるものだと思ってた。。 のだけど! ちびのトイレのためにいったんお店を出て、おやつを食べて戻ったら、オーダー表に記入してましたっ お買い上げ。 私はできん・・

ちなみに、義妹に「結婚式が終わったらドレスはどうするのか?」って聞いてみたら、
「そこまで考えてない」
って。 へーーー。。
これって一生に一回しか着ないもの(中にはまれに2度以上って人もいるかもだけど)
だよね。なんかもったいなくないかなー と思うのは、私だけかな・・
これだけのお金、私は別のことに使いたいと思っちゃうのだけど。
でも、やっぱり「自分だけのドレス」っていうのに意味があるんだろうなー

「ベールはどうするの?」って聞いたら
「え~ いらないよ~」といっていた義妹だけど、
「いいじゃん、するだけしてみなよ」と私と義母に半ば無理やりつけさせられて
鏡みたら・・・

「やっぱり、ベール、いいね!」

 背丈くらいあるベールですが、こちら、385ポンドでございます。 

 普通のドレス、何着買えるの?!


試着の写真も撮ろうと思ったら、デザイナーから禁止されてるとのことで
撮らせてもらえませんでした。
でも、買ったドレスは撮っていいんだって!
最終的に決定したドレスの写真は何枚も撮ったのだけど、
本人でもないのに、公に公表しちゃうのもどうか・・ と思うので、
ドレスの一部をちょっとだけ載せておきます。




20110825edit (11)


20110825edit (12)


20110825edit (13)

今年の8月はあんまりお天気よくなかったよなー・・
来年は、なんとか夏らしい夏が来ます様に!!
せめて、雨だけは降りませんように!!!

あんまり暑すぎても、このドレスで一日いないといけないんで、
それもつらいんですけどね。

・・って文句ばっかり。
この国に住んでると、ほんと天気の文句しかでてこなくなるのね。


夏らしい夏を迎えないまま8月が終わろうとしている、ここイギリスに住む私が
「かわいそうね」と思われた方、哀れみのクリックをお願いします ↓

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。