イギリスで姉弟の子育てしながらソーイング楽しんでます。作ったものの記録と反省を兼ねて。ちょこっとイギリスの育児事情も。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年03月08日 (木) | 編集 |
昨年のクリスマスに、初挑戦にして難題を課してしまったステンシル。
仕上げた!という達成感はあったものの、
ちょっとしばらくいいや・・・ というモードにもなっていました。
が、「ここはステンシルの出番でしょう!」という場面が
訪れたので、また一念発起(というほどでもないけど。)
剣道の垂れネームをリメイクするために、ステンシルをしてみました。

今年から地元にある大学の剣道部を引き継ぐことになり、
週2回ある稽古に、だんなと子守を交代しながら
時には、子連れで部活に参加しています。
前任の先生が昨年末で帰国することになってしまい、
直にお電話をいただき、コーチのお話をいただきました。
前任の先生は6段をお持ちで、経験も豊か、
イギリスのナショナルチームも総括するほどの実力者の方だっただけに、
私なんぞで勤まるのか、という不安もありましたが、
せっかく声をかけていただいたのだし、
こんな日本から遠く離れた地で日本の武道に興味を持った学生たちに
少しでも自分の経験や知識を伝えることができるのであれば、
と思いお話を引き受けた次第です。


さて。話はそれましたが。
毎年この時期になると、イギリス国内の大学選手権が行われます。
主催は各大学は持ち回りで、今年はスコットランドのグラスゴー。
うちの大学は、一番遠くからの参加校というだけあって
学生たちは、電車・バスを乗り継ぎ(飛行機でもいけるんだけど、高い・・)
半日かけていき、参加することとなっていました。

この大会が初めての大会になる学生も数人。
その子たちのオーダーした垂れネームが、大会に間に合わないことが判明。
これがなければ参加資格がない、というものではないけれど、
ないと、チョークで名前を書く というなんともちょっと格好悪いことになってしまうという。
せっかく遠くからがんばって参加するんだし、
着いていってあげられない分、何か別の形ででも応援してやらねば!
ということで、立ち上がりました。(おおげさな。。)
数は3人分。 いろいろ効率のよい方法を考えましたが、
昔の部員の残していった垂れネームがいくつかあることがわかったので、
それを土台にちょっと手直しをすることに。
袋から作ろうかと思っていたところだったので、だいぶこれで行程が省けました。
なので、それぞれの名前だけをステンシルしたものを
上から縫い付けることに。

まずは、ほかの文字と似たようなフォントで名前をプリントアウト 
→ 切り抜く。
 今回は一回きりだったので、コピー用紙をそのまま切り抜きました。
 フォントが角ばった文字だったので、直線が多くて、ものさしで比較的
 さくさく~と切り抜けました。


それを、4辺を端処理した布にステンシル。

zekken mini (2)

この、ペンの先がスポンジになっているやつ。
子供用のブラシセットを買ったパックの中に入ってたの。
これって、どうみても、ステンシルするようの道具じゃない??
と思うのだけど。
結構使い安いです。

そして、それを、元になる垂れネームの名前を隠すようにして
縫い付ける。

zekken mini (3)

 元の名前はステッチでくっついてるので、全部とって
 そこに直接名前を書いちゃおうかとも思ったのだけど、
 手書きって、やっぱり統一感に欠けるしね・・
 しっかりステッチでついてるので、それをひとつずつ取るっていうのも
 結構手間のかかる作業だし(→経験済み) 却下。



で、それを3人分。

zekken mini (1)


ほうら、遠くからみれば、ちゃんとオーダーしたやつみたいじゃない??
(自己満足。)
遠くからみればね!
いいんですよ、垂れネームなんて、みんな遠くからしか見ないんだから。


黒地に白文字 というのは、かなり何重かに色を重ねないと
きれいに発色しないというのは、やっぱり今回の経験からわかりました。
ムラが目立ちますね。
これでも3回重ねくらいはしてるんだけど。
これを、これからもずっと使っていく、ということであれば、
もっとしっかり色が安定するまでやるところなんですが、
時間もなかったし、それに、出番は1回のみだしね。
ということで、ここで妥協してしまいました。。
 夜なべしながら「これって、一度きりしか出番ないんだよね・・」と
 ふと気がついてしまったの・・・


でも、学生たちは喜んで使ってくれたのでよしとしましょう。
やっぱり手間だけど、ステンシルで名前をした方が
仕上がりが違ったように思います。
手書きじゃ、いかにも「手作りー!」感をぬぐえなかっただろうし
学生たちが
「こんなの、ダサくていやー。でも先生がせっかく作ったのに嫌とはいえない・・」
となるのは避けたかったですし。
(たぶん、そんなことはなかった・・と思う。)



そして、結果は、といいますと。
女子の個人戦でうちの子が2位に入ったのと、
入賞はしなかったものの、一人が敢闘賞を。
団体戦は、男女のミックスで1チームを編成、
3位に入賞。うち、個人戦で2位を獲った子が、
団体戦では、敢闘賞をもらうというなかなかの快挙でありました!
ほら!みんなでメダルを首にかけて写真を撮る機会が!!
全員がそろって大学名と名前の入った垂れをつけていました。
気持ちいいではないですか!
(自己満足。)


試合というのは、普段の稽古はもちろんですが、
こういう「一致団結」した準備や行動が
思わぬ力を発揮する後押しをしてくれたりするんです。
事情で大会に参加できなかったメンバーも、
みんな選手たちにそれぞれエールを送っていました。
剣道は一人(敵がいるんですが)で戦うスポーツで
団体戦といえど、試合をするのは一人ひとり。
でも、チームがまとまっていると、自分ひとりだけでは
出せなかった力も出せるというもの。
それが、「部」として活動する醍醐味でもあると思います。


選手たちは、大会が終わったあと入賞祝いに
回るすし屋で打ち上げしたそうです(笑)
お疲れさん。






全然役に立つ内容の「リメイク」「ステンシル」記事ではありませんでしたが、
『裏方でもがんばれよ~』 の応援ぽち!をしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011年12月30日 (金) | 編集 |
毎年クリスマスには、旦那側の家族全員で集まるので、
みんなの分のプレゼントを用意します。
たいてい女性陣(義母・義姉・義妹)の分は私が、
男性陣(義父・義兄・義弟・おじ)の分は旦那が担当しますが、
電子機器関係を選ぶときは、旦那にまかせ、
日本からのものがよいときは、私が担当したりと分担しています。
 
 今年は、私が家で履いている「モップスリッパ」をみてたいそう気に入ったおじさんが
 「クリスマスプレゼントにそれがほしい!」というので、日本からまた買って送ってもらったり。
 本中毒の義母は、電子機器が得意ではないのだけど、「やっぱりキンドル(電子書籍)がほしい!」
 というので、旦那がアマゾンで注文したり。 

が。
旦那のプレゼントは、自分が選ばないといけません。。
誕生日とか、欲しいものをきいてそれにすることもありますが、
旦那が欲しいものって、たいてい、PC関係とか車関係とかで、
私にはわからないものばかり。
だったら自分で・・ ってことになってしまう。

それに、今は自分に収入がないので、
ほかのプレゼントとは違って、なんとなく旦那の収入から
旦那のプレゼントを買うっていうのも、気が引けたりなんかもするのです。

せっかく作るのが好きで得意といえる部類なのだから、
何か作るべし!! 
とも思うのですが、男物で作るものって・・・ (汗)
女モノだと、アクセサリーとかポーチ、バッグ、インテリア小物。。 って
いろいろ大小思いつくのだけど。
旦那は、毛糸モノがだめなので、編み物類は一切ダメ。
シャツとかズボンなど大作に手を出すには時間が・・ 

そこで思いついたのが、Tシャツのリメイク。

だんながぼろぼろになってもまだ着ているお気に入りの バッドマンTシャツ を
ステンシルで再現してみようではないか!!

ステンシル、愛読しているこちらのブログぬいものちくたくさんで見てから、
ずっと気になってました。

本当はもっと単純な、子供のTシャツとかに使えそうな図案で
挑戦してみるつもりだったんだけど・・・

いきなりこんなものに手を出してしまって、後で後悔するハメに。

こちらが、そのよれよれになっただんなお気に入りのTシャツ。

ステンシル (5)


そうなんです。あの、「ロゴマーク」ではなく、バッドマンそのもの・・
ロゴだったら楽だったんだけどね~ それだったら、普通に買えるんだもん・・

影絵で図案にはもってこいと思ったんだけどねえ。。

Tシャツをコピー機でコピーして(A4サイズ何枚かに分割されてしまったので、それをつなげる)
その図案の上に、クリアファイルを開いたものを置いて、図案を切り抜く。

こちら。

ステンシル (2)


トータル3時間ほどかかりました (息切れ)


ぜーっ ぜーっ 手、手がぁあああ。。


そして、この上から布用インクをつけた、先がスポンジになった筆のようなもので
たたく。

ステンシル (3)

自然乾燥で一晩置いて、次の日、あて布をして低音でアイロンをかけました。
その後、一応裏返しにして一度洗濯してみましたが、大丈夫でした。

完成品はこちら

ステンシル (4)



ちゃんとできるか心配だったので、Tシャツはそこらで買った安物・・
でも、結構ちゃんとできたので、質のいいTシャツを買ってきてもう一度やってみよう!
なんて思いながら、実行に至ってません・・。 燃えつきた(汗)


だんな、なかなか気に入ってくれた様子。 でもオリジナルを捨てる気はさらさらなさそうですが。

実は、オリジナルとは、反転が違うのです。
オリジナルのTシャツで黒くなっているところを、切り抜くときに残せないという壁にぶち当たり、
黒くなっているところを残して、白抜きの部分を切り抜いたので、
私のやったステンシル部分は、白黒が逆バージョンなのです。
どうやったら、オリジナルのままできるのか・・ 頭ひねりましたが、ビギナーの私には
解決できなかったので、まぁ、いいや。 ということで強行。
そ、それなりに見えるよね・・? 

思い立ったのが、もう12月に入ってからで、とにかくクリスマスに間に合わす!!というのが
目標だったので、その点では、よくやった、自分。 と褒めてやりました。
っていうか、思いつくの、遅すぎ。
でも、ステンシル、楽しいかも~ これで、自分でちょろちょろ~と簡単な図案が描けたりしたら
最高なんだけど、それができないんだよなー・・ 画才ないし。
今度はもっと単純な図案に挑戦しよう。・・



↓今日から定期更新(週2回!)を目指して、心機一転がんばります!応援の ぽち! をしていただけたら嬉しいです
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村












2011年12月29日 (木) | 編集 |
クリスマスに欠かせないアイテム?のひとつが
クリスマスツリー
イギリスに来て初めて目にしたのが
生のクリスマスツリーでした。
もちろん、プラスチックの組み立てるツリーも売られていますが、
切ってきた生のクリスマスツリーが店頭にならびます。しかも、かなり大量に。
サイズも各種合って、私の背くらいのものから、天井につくぐらいの大きなものまで。
旦那の実家では、毎年生のツリーを買ってきて飾っているし、
やっぱり、あのフレッシュな匂いがたまらなくよいので、
我が家も小さいサイズながら、去年も今年も生のツリーを買ってきて飾りつけをしました。
飾りは、去年買った飾りを今年も。それに、娘がナーサリーで作ってきた飾りなどが加わりました。

クリスマスツリーの一番上に飾る飾りを「クリスマス トッパー(Topper)」なんていったりします。
ジーザス(キリスト)が生まれたときに、空に輝いていた星を意味するそうで、
星型、または天使だったりすることが多いのですが、
去年、我が家は買いそびれてるうちに、クリスマスが終わってしまい、結局これがないままの
ツリーだったのです。
今年は買わないとなー と思っていたのですが、結局今年もこれ!というちょうどよいサイズ・デザインのものがなく・・

でも、ないのは非常にさびしいので、やっぱりこれも作ってしまおう!

ということで、とりあえず今年のツリー用ということでこんなんを作りました。

topper.jpg


ダンボールで星を型抜いて、アルミホイルで包み、
トイレットペーパーの芯(これもアルミホイルで包み)んだものにくっつけて。
(チープだな・・・)
今年、ナーサリーでクリスマスの歌の発表会があり、
娘は、エンジェルのコスチュームを着て参加したので、そのときの写真をくっつけてみました。
一応、天使ってことで。
娘は写真大好きっ子なんで、たいそう喜んでました(笑)


それから、こんなものも作ってみました。

christmas decoration (1)


christmas decoration (2)

子供たちのハンドプリント(手形)を、手袋型に切り抜いて、脱脂綿をくっつけて、穴を開けてひもを通して
ツリーに飾りに。 今年の「2011」の数字と、子供たちの年齢を書き入れてあります。
これを後4つ作って、子供たちから家族へのプレゼントにもしました。
毎年作っていったら、成長がわかっておもしろいかも!なんて思っています。
家族もみんなそれぞれの家でツリーを飾るので、喜んでもらえました。



そして、我が家のクリスマスツリーはこんな感じ。

tree 2011


今年は娘が飾りつけをしたので、色は偏ってるわ、ライトと飾りの色がちぐはぐだわ、
なんですが、せっかくやってくれたので目をつむることに・・。

写真のように、ラッピングしたクリスマスプレゼントにタグをつけて、
ツリーの根元においていきます。
プレゼントは子供のものが多いですが、子供のものだけではありません。
家族みんなにそれぞれ用意してあります。
うちは、義理両親、義姉カップル、義妹カップル、だんなのおじさん、
子供たち×2 と結構な数になります・・


このプレゼントはクリスマス当日にあけるわけですが、
今年は義姉カップルの家でクリスマスを過ごすことになっていたので、
これを全部持っていって、義姉の家のクリスマスツリーの下に移動したのでした。
それはそれは大量のプレゼントとなっておりました。。。


クリスマスプレゼント代わりにぽちっとしていただけたら嬉しいです! ↓
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








テーマ:海外で育児
ジャンル:育児
2011年12月28日 (水) | 編集 |
ここイギリスでは、クリスマスは一年で一番!といっていいほど
大きなイベント。
ハロウィンが終わると、街は一気にクリスマスに向けて盛り上がっていきます。
(年々それが早くなって来てる気がするけれど。)

25日は Christmas Dayで祭日扱い、そして、その翌日26日は Boxing Day といってこちらも祭日。つまりここは連休になるのです。
 
 Boxing Day  とは? 
 「クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことから"Boxing Day"と呼ばれる。つまりスポーツのボクシングの意味ではない。」 ウィキペディアより



日本では、子供のため OR カップルのためのイベントとして、どちらかというと、24日が盛り上がりますが、
こちらではあくまでも25日のクリスマス当日がメイン。日本の大晦日・お正月のように、家族みんなで集まって
クリスマスプレゼントをあけたり、ロースト料理を食べたりします。

私は、こちらに来て今年で5回目のクリスマス。さすがに勝手もわかってきたし、
今年は娘がクリスマスの盛り上がりがわかる年になってきたので、
一緒にクラフトをしたりして、準備からいろいろクリスマスを味わってみました。

12月に入ると、日本の年賀状の習慣のように、こちらではクリスマスカードを送ります。
スーパーやデパートでも、カードがセットになって箱で売られています。
たいていは、それを買ってきて、相手の名前と自分の名前を書いて終わり。
(カードに ’Merry Christmas’とか’A Happy New Year!'とか書かれてる)
普段お世話になってる人にはそれなりのお礼を、あまり会わない人には近況報告も兼ねて
全員に一言書きたいところなんですが、全部やってるとほんと大変なんですよね・・ 

もらう(売っている)カードは、とにかくいろんな種類があって、眺めていて楽しいのですが、
我が家からはちょっと趣向を変えて?今年は、娘と一緒に手作りでカードを作ってみることにしました。

といっても、量産しないといけないので、一枚一枚にあんまり凝ってもいられません。
まして、娘(→3歳)も一緒にやろうと思ったら、きれいな作品はあまり望めません(苦笑)
で、いろいろ考えているところに、
「フィンガープリント(指紋) クリスマスカード作りセット」
なるものを、クラフトのカタログで見つけました!
ハンドプリント(手形)が大好きな娘、これなら喜んで一緒にやれるだろう!と思って、これを購入。
緑と赤(クリスマスカラー)のスタンプ台、サンタや雪の結晶のはんこ、
色鉛筆がセットになっていました。

これで、娘にフィンガープリントをぺたぺたさせて、私がそれに色鉛筆で絵を書き加えて。
あくまでも「娘が主体に作ってるカード」ってことなので、絵が下手な私でも、
まぁ、いいか、という気に(笑)

サンタにしてみたり、トナカイにしてみたり、クリスマスツリーにしてみたり、雪だるまにしてみたり。
そんなんを組み合わせていくつかのバージョンでカードを作成。

こんな感じになりました。
IMG_8799 (6)

裏には、この間友達から譲ってもらったはんこを押してみて、こんな感じに。
IMG_8799 (8)


娘は、最初喜んでやってたんですが、途中から飽きてきて中断したり、
他のこと(指じゃなくて手に塗り捲ってみたり!)やりたくなったりで、
ちっとも進まず、時間を要しました・・ (汗)

それでも、「ハンドメイド、いいね!」といってくれた友達や
「今年一番のカードだよ!」といってくれた友達もいて、
娘も「またカード作るー!」といって楽しんでた様子だったので、
これはこれで、よかったです。完全に自己満足の世界ですけどね。


それから、ほかに娘と一緒にやってみたのが、プレゼントのタグ作り。
クリスマスプレゼントは自分で包装紙を買ってきて、ラッピングをし、
そのプレゼントに、「To ○○、 From △△」と書き込んだ
タグをつけるのです。(そうじゃないとわからなくなっちゃうので。)
このタグも、凝ったものからシンプルなものまでいろいろ売られているのですが、
これもシンプルなものだったら作れるんじゃ?ってことで、作ってみました。

クリスマスの絵柄のスタンプを押しまくって、切って、穴開けて、糸通しただけですが。

IMG_8765.JPGmini (1)

IMG_8799 (10)

娘は実は全然違うことやらせてます・・ はは

IMG_8765.JPGmini (4)

さらに息子は、触らせると大変なことになるので、手の届かないようになってます。

IMG_8765.JPGmini (3)


この国のクリスマスは、とにかくお金がかかるのです!!
(日本でも、一部の?男性陣にとっては一番お金のかかるイベントかもですが。)
プレゼントを用意するのはもちろんのこと、こういった準備、
これからまたブログでも触れたいと思ってますが、ツリーを買ってきてデコレーションしたり、
家のデコレーションしたり、ディナーの準備したり、もろもろ。
一年の行事で最大のイベントなので、お金をかけたっていいじゃない!という気持ちもありますが、
かけはじめたら、それはそれでキリがないのですよ。
こうやって楽しみながら作ったり工夫したりすることで、結果お金もかけなくてすむことも
結構あるんじゃないかと。
何より、自分も娘もこういうことが楽しいので、一石二鳥!ともいえますね!
時間はかかりますが、今年はこういうことが娘とできるようになったんだ!
って思うと、ちょっと感慨深かったりなんかもしました。



来年は、ブログを定期更新するぞ!と意気込んでいる私に、激励のぽちをお願いいたします。↓
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村















 
テーマ:海外で育児
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。