イギリスで姉弟の子育てしながらソーイング楽しんでます。作ったものの記録と反省を兼ねて。ちょこっとイギリスの育児事情も。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年06月22日 (土) | 編集 |
1048395_10151454606776681_1628730614_o.jpg


ネスレのシリアルです。
まんまと戦略にはめられました 
普段、ネスレのシリアルなんて買わないんだけど、
陳列棚の、長~い方じゃなくて、曲がって折り返す(意味わかる?)側面?っていうの?
あそこに、これが所せましと並んでて!! 
思わず買っちゃいました。。
写真じゃちょっとわかりずらいんですが、 3D になってるんです。

あー。モンスターズインク、3Dに映画化されたんだった。 それの宣伝かな?

Monsters University だって!

Monsters_University_poster_3.jpg

7月12日から公開だって~ 見に行きたい。
子供たちも大好きだし。

ちなみに、先月日本に里帰りしたときに連れてってもらった東京ディズニーランドで、
最初に乗ったのが、モンスターズインクでした。

 ネタバレ! これから乗ってみようと思ってる人は読まないで~!





このアトラクション、乗り物に乗って、モンスターを探しながら、見つけたら
ライトで照らしていく・・・ というものなんですが、
最後に、メガネのおばちゃん ↓
roz.jpg
が出てきて、乗り物3台くらいかな?の中から、一人をピックアップして
その人の特徴を元に何かコメントしてくれるんですよ。
で、うちの娘、オーロラ姫のドレスを着て行ってたからか、

「1台目のお嬢さん、どこのプリンセスかと思いましたよ。かわいらしいこと。」





娘、全然自分の事と気づいていませんでしたが、
「あなたのことだよーー!」と言ったら、本人もわかったみたいで、
喜んでました。
私は乗る直前に一緒に乗った姪っ子から聞いていたので、
私たちのときは、どんなかな~ なんて思ってたら、
まさか娘がピックされるとは。
姪っ子いわく、そのコメントも毎回違うようで、
どこかで誰かが観察して、そのたびにやってるんですかねえ、、



日本では、7月6日公開みたいです。

モンスターズ ユニバーシティ
いろいろ考えるものです。


三日坊主にならないよう頑張ります。 励ましのぽち!をお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012年02月22日 (水) | 編集 |
昨日2月21日(火)は、

パンケーキデイ

でした。
パンケーキデイは、Shrove Tuesday(シュローブ・チューズデイ)
とも呼ばれ、イースターから逆算して40日目に当たる前日を指し、
この日は、「パンケーキを食べる日!」として知られているのです。

 Shrove Tuesday (Pancake day)とは?
 キリスト教におけるレント(Lent 四旬節)が始まる前日にあたります。 かつて、キリスト教徒はこの日に罪の告白を行い、次の日からイースターにまで続く40日間のレント中に断食をすることで罪を許してもらっていました。 そのため、Shrove Tuesdayは断食期間中に食べることを禁じられていた食材を食べ尽くす最後の機会となり、人々は家にある、ありったけの卵やバターを使ってパンケーキを作って食べたことが習慣になったと言われています。


日本で「パンケーキ」っていうと、ホットケーキのちょっと薄めなやつ?
を想像しますが、こっちのパンケーキはいわゆるクレープ
それに、 レモン汁 をかけて、砂糖をまぶして 巻いて食べる、っていうのが本来の伝統的な食べ方。
でも、私はこれがあまり好きではないので、今回は
こんなものを買ってきました。

mini (3)


この Tofeeって、
イギリスならでは? 日本でもあるんでしょうか?
いわゆる キャラメルソース みたいな感じです。

 この時期、スーパーには、簡単に作れるパンケーキ粉Mixやソース系がずらーーっと並んでいます。

このほかには、メープルシロップなんかも用意して。


mini (4)


mini (1)


mini (2)



パンケーキ(クレープ)のレシピは今回はこれを参考にしてみました。

破れな~い作りやすい クレープ生地


生地にちょこっと片栗粉(家にはなかったので、コーンスターチで代用)を
入れることで、生地に粘りが出て、破れにくいんだそうです。
ちょっともちっ とした食感で、おいしかったです。


これで、3月に入ると、町やスーパーは イースター一色
になります。 
イースターグッズは、黄色黄緑ピンクなど、「春」をイメージした色合いが
多くなるので、気分的には華やかでいいですね♪
でも、本当の春はまだまだかなあ・・



風邪を引いたらしく悪寒がしています・・ 元気づけに一票のぽち!をお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報
2012年02月17日 (金) | 編集 |
2月14日はバレンタインデーでした。
日本では、「チョコレート会社の戦略」なんていわれたりしてるけど、
イギリスだって、たいして変わりないような・・・
2月に入った頃から、どのお店もレストランもスーパーも、バレンタイン一色。
ハート型の風船とか、ウィンドウの飾りつけとか、とにかくバレンタインにかこつけて・・って
感じ一色。

日本では、バレンタイン=チョコ そして 女性→男性 (ホワイトデーなんていう独自なものもあるし。) ですが、
イギリスでは、お互いにプレゼントとカードを送るのが定番です。でもチョコも定番かな。
基本的に、「愛する人」に送るものなので、夫婦間やカップル間のイベントのようです。
子供から・・っていうのもありなのかな? 私の周りでは今のところ聞いたことがありませんが。。
日本のような『義理チョコ』っていうのは、まず聞かない。そういう意味では、純粋な?バレンタインデーといえるかも?


うちもだんなさんから(こんなときだけ「さん」づけ。)毎年カードと、チョコだったり花だったりを
もらいます。
今年は朝起きたら、テーブルにこんなのが用意されてました。


DSC_0325mjpg (1)

「ホテル・チョコレート」という、イギリス人に人気のチョコ専門店の、バレンタインバージョンのチョコと、
カード、そして、ソーイングやパターンに関する本、でした。


カードは、今年はこんなの。

DSC_0325mjpg (2)


『僕がスパゲティだとしたら、君はソースのような存在だ』

・・みたいなことが書いてあります。 
笑えるのが、私が今年選んだカードも、
『クリームとイチゴの組み合わせ あなたと私みたい』
っていうので、五万とあるカードの中からお互い似たようなものを選んでいた、
+ どっちも食べ物ネタだったってこと。
まぁ、私たちにとって、 は非常に重要な要素ですから(笑)


本は、私が日ごろからクラスに通ったりしていてソーイングにどっぷりはまっていることを知っているので
そんな私が喜びそうなものを選んでくれたようです。
活字は好きじゃないので(本は滅多に読まない・・)本をもらってもあまり嬉しくないのだけど、
こういうのは大歓迎! 
黒の服をテーマに、どんなデザインが、どういったパターンで仕上がっていくのか?
などを解説してる内容の本でした。
同じ黒でも、いろいろ表現できるの。すごーい。

DSC_0325mjpg (4)


DSC_0325mjpg (5)


DSC_0325mjpg (6)


DSC_0325mjpg (7)




さて、夜は、義母に子供の子守をお願いして、
久しぶりに二人でおでかけ。しかもロンドン!!
近くに映画でも観に行こうかね、なんて話をしながらいろいろ検索してたら
何かの拍子に、ロンドンで 「フラメンコ フェスティバル」なるものを
やっているのを見つけて!

フラメンコ、10年くらい前にはまってたんです。
東京で生活していたとき、レッスンに通い、給料のほとんどを
フラメンコに費やしてたなんて時期が。
なんちゃって~だけど、1ヶ月だけセビージャにスペ語(&フラメンコ)留学なんて
したこともありました。
イギリスでは、フラメンコはさほどポピュラーじゃないので、
習えるところがなくて非常に残念。
前に住んでたところでは一箇所だけあったけど、本職はバレエの先生だったし・・
やっぱり大きな都市じゃないと難しいみたい。
そんなんで、フラメンコ、踊るのはもちろん観るのもだいぶご無沙汰。

今回観たのはこちら。
アントニオ ガデス 舞踊団
※ビデオクリップが観られる・・はず。

よかった~ 堪能しました。
今までに観たことのあるフラメンコのショーとはちょっと一風違った演出。
フラメンコダンサーが出てきて、ただ踊るだけでなくて、
ストーリーになっていました。 歌はスペ語なんだけど
スペ語がわからなくても、ちゃんとストーリーの展開についていける。
感情表現を伝統的なフラメンコと、コンテンポラリー混じりの踊りで表現していて
とても興味深い演出でした。
このアントニオのおっさん、フラメンコ界では有名なおっさんなので(おっさんなんて失礼なんだけど)
やっぱりすごかったです。

どうやらこのフェスティバル、毎年この時期にロンドンでやってるようなので、
来年もチェックしときたいと思います!
ちなみに、うちのだんなは私が踊っていた頃のことは知らず、
里帰りで東京に帰ったとき、先生や仲間を紹介したことがあるだけ。
本格的なフラメンコを見たのは、先生の踊りと今回のだけ。でも、だんなも楽しめたみたい。

子守をお願いしていた身なので、ディナーだ、パブだ、なんて時間はなく
ぱっといって、ぱっと帰ってきましたが、それでも十分楽しめました。
お義母さんにも感謝!



プレゼントにもらったチョコ、だんなにも分けてあげるという寛大な心を持つ私に(?)
ぽちっと一票お願いいたします。 ↓

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報
2012年02月08日 (水) | 編集 |
今年は暖冬だなーと思っていたこちらイギリスも、
突然寒くなり、今週はこの冬初の雪が降りました。
私の住んでいるところは南東部とあって雪が降っても滅多に積もりませんが、
今回はイギリス全土で積雪を観測。
去年はクリスマス直前に大雪が降って、国中がいろんな意味でパニックを起こしたなぁ
この国、雪に対応してないの。
スタッドレスなんて聞かないし、チェーンなんてまずみない。
除雪車はあるにはあるみたいだけど、本当にメインの道だけだし、
とにかくちょっとでも雪が降ると、すぐに麻痺するんです。
スーパーなどの駐車場も、誰も雪かきなんてしてないから
次の日になっても車輪の痕が凍って、そりゃあ危険な状態になってたりするし。
 日本だったら、従業員総出で朝から雪かきしたりして対応するよなぁと思い返すのでした・・

娘の通う園も、雪の降った次の日は、お休みに。
園の前の道が急な坂な上に日陰なので、雪が降ったり
氷点下になると、凍結で車も徒歩も危ないのです・・・(汗)


私の雪国出身なので、雪は別に驚きもしないし、興奮もしないのだけど、
子供たちはやっぱり興奮するのね~
でも、今回の雪は、私は全く外に出る気にならず。
だんなの雪かきの手伝い(と称して)でしばらく外で遊んでいましたが、
しばらくしてギブアップした模様・・
「もういい・・」といって家の中に入ってきました。
お友達は「雪だるま作った!」とか「そり遊びした!」なんていってるのを
後から聞いて、もうちょっと何かしてあげればよかったなあ、とも思ったのですが。


で。
タイトルの「イギリスの雪だるま」
こっちに来て初めて聞いた(見た)ときは、
なんだか変なもんだな~ と思ったものですが、
イギリスの雪だるまは

○、3つ なのです!


日本のは、ボディと頭、 二つ重ねですよね?
イギリスんのは、足?らしきものと、ボディ、頭 と三つ重ねなのです。

・・ということを、絵本で見たり、誰かが描いた絵をみて知っていたのですが、
考えてみたら、本物(?)は初めてみたかも??
ご近所さんが作った雪だるまがまさにそれだった!

通りの角のおうち。

DSC_0283.jpg

作ったと思われる日から数日経ってるので、ちょっとお疲れな感じですが。
○3段重ねになってますねー!

こちらは、2件隣のおうち。

DSC_0285.jpg


こちらは○3つではないですが、やっぱり、ボディ+足?だろうと思われる部分があって、
縦に長いのです。
明らかに、日本の雪だるまとはちがーう!

日本の雪だるまって、でぶっちょ?のたとえみたいに使われて、
着こんでもこもこになってたりすると、「雪だるまみたーい!」
とかいったりするけど、
こっちの雪だるまって、デブじゃないの(笑)
結構背が高くて、すらっとしてる。おしゃれにマフラーしたり、帽子かぶったりしてるし。

「世界共通」と勝手に思い込んでることが、全然違ってたりする。
ここに住んでるといろんな発見があって、面白いです。
子供たちは、どっちの「雪だるま」が自分たちにとって『当たり前』の雪だるまになるんだろう?



↓ こんなバナーもありました! ぜひ、ぽちっとしていただけると励みになります。 
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村



テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報
2011年10月31日 (月) | 編集 |
今日10月31日は ハロウィン でした。
ハロウィン っていうと、どうもアメリカのもの、ってイメージがありますが
 
 って、イギリス人もそういうし。

ここイギリスでも、子供にとっては イースター、クリスマスに次いで
楽しみのイベントのひとつ。
 
だって、お菓子もらえるし。

午前中はグループがあり、姉弟ハロウィン風ででかけていきました。

IMG_8599 (1)

息子はスケルトンのつなぎ。 
 オークションで安くゲット。今日しか着ないし。

IMG_8599 (2)


家に帰ってきてから、ジャック・オ・ランタンを作りました。


IMG_8599 (3)
娘、ほじり役。
 かぼちゃの内臓をえぐってるみたい・・・



IMG_8599 (4)
娘にナイフは危ないので、代わりにペンで怖い顔を描いてみた。
ついでに自分も「怖いぞ~」とやってみる。


IMG_8599 (5)
息子の頭よりもでかいかぼちゃ。 すっぽり被れそう。。


この時期は、スーパーにもいろんなハロウィングッズやコスチュームが売られますが、
こんなクラフト・キットもあって、一緒に作ってみました。
「蜘蛛とこうもり」

IMG_8599 (6)


うちの娘、去年はコスチュームをお友達から借りて家で撮影会をしただけで終わりましたが、
今年は、近所の子に混じって参戦です。

前住んでいたところ(義家)でも子供たちがやってきましたが、
どちらかというと大きな(10歳前後)子がほとんどで、小さい子はあまり近所に
住んでいなかった模様でした。
今住んでるところは、小さめの子供がいっぱい。家の子たちが一番年が下ですが、
比較的年の近い子が多く、普段もよく遊んでもらったりしています。
なので、今日はその近所のお友達のあとをついて、
初・Trick or Treat
にいってきました。


IMG_8599 (7)
こんな感じで、ジャック・オ・ランタンを外に置いておくと「ウェルカム」のサインになるんだそうで。
 

IMG_8599 (8)
我が家もろうそくを灯して準備OK。
 今日の日のために、スイーツ(チョコなど)やフルーツもたくさん買い込んでありました。


IMG_8599 (10)
はりきって出かけていきました!!

IMG_8599 (11)
IMG_8599 (12)
お向かいの姉妹の後をついて(でも、ドアはいの一番!にノックしにいく。。)
一緒になって Trick or Treat!と叫ぶ娘。
普段、なかなかお目にかからないスイーツやチョコ、ローリーポップ(べろべろキャンディー)に大興奮。


IMG_8599 (9)
戦利品(?)を自慢げに見せてくれました。


これ、どこの家でもノックしていいわけでもなくて、かぼちゃのランタンやハロウィンのデコレーションを
してある家 = ウェルカム と受け止めてノックをしていきます。
 中には「ノックするな!」とドアに張り紙のある家も。
仮装して待ち受けてる家もあれば、ちょっと面倒そうにお菓子だけくれる家も(苦笑)

こんな風に、凝ったジャック・オ・ランタンもありました!

IMG_8599 (14)


仮装もみんないろいろ。女の子はやっぱり、魔女とか猫とか。
男の子は、ジェイソンのお面とか、スケルトン。
うちのは、今年はこんなんでございました。

IMG_8599 (15)

これ・・ なんなんだろう??(謎)
マスクは猫なんだけど、後ろには蝶の羽のようなものがついてる・・
魔女?でもなさそうだし?? しかも、真っ黒+ラメ とちょっと殺風景だったので、
髪につける飾りを買い足して、胸のところにつけてみました。

 → 最寄の大型スーパーで買ったので、近所の子と被る可能性大と思われ、
  全く一緒にならないような対策でもある。一応。
  でも、はっきりいって、真っ暗で誰が何きてるかなんて、見えないし、誰もみてない。



IMG_8599 (16)
バケツ一杯!!! 
一年分くらいありそうです(笑)

軽く20件くらいは周ったでしょうか。
帰ってみたら、1時間近く近所を練り歩いていたようです。

今年はいつもの年に比べて断然暖かいのでなんとかなりましたが、
通常の寒さだったら、うちのほんとの近所が限界ですね。親は特に。



家では、だんなと息子が留守番をして、もらいにやってくる子を出迎えてました。

IMG_8599 (17)
ラッシュ時は次から次へとやってくるので、玄関先で待機する二人。

ちなみに、フルーツを用意してあったのは我が家だけでしたが(→義母のアイディア。中にはヘルシーな
オプションがあったっていいじゃない!ということで。)、
意外とフルーツを持っていく子、「やっぱりみかんにするー」とチョコをやめて取り替える子なんかがいて
ちょっと驚き。あれだけチョコ、あめ、ハリボー(グミみたいな砂糖の塊)だらけだと
さすがに飽きるんですかね?


うちの娘も、今日は特別に帰ってからスイーツをひとつだけ食べました。
残りは戸棚へ。
明日になったら、その存在を忘れていてくれないかなー・・・ 

・・んなわけにはいかないか。


明日から11月です。これから12月に向けてクリスマス一色!!
あっという間に年末を迎えることになりそうです。


Trick or Treat の Treatの代わりに
ぽちっとクリックお願いします! ↓

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

テーマ:海外で育児
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。