イギリスで姉弟の子育てしながらソーイング楽しんでます。作ったものの記録と反省を兼ねて。ちょこっとイギリスの育児事情も。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年07月21日 (日) | 編集 |
9月が年度始まりのイギリスでは
夏休み前のこの時期がいわゆる「年度末」
学校でも行事があったり、何かとせわしないです。

9月から新たに小学校 Primary School
通い始める娘は、先週今まで通っていたバレエの教室が最後でした。
1歳になる前から始めた「Baby Ballet」は
里帰りでホリデーを取った以外は、一度も休むことなく
親子で楽しく通わせてもらいました。
娘も、先生が大好きで、お陰でダンスが大好きな娘に育っています。

そんな先生に、何かお礼の品を・・ 作るのが好きなので、
何か手作りのものを、でも、あまり負担に(物理的(場所を取るとか)にも精神的にも)
ならないものがいいなー としばらく前から考えていました。

この時期になると、先生に贈る用の「Thank you」カードやそれに
添える用のギフトグッズがいろいろ店頭に並びます。
写真フレームや、マグなどなど・・
記念というか、楽しかった思い出、の意味も込めて
写真・・・ と思ったんだけど、
ふと、娘にとっては唯一のバレエの先生だけど、
先生には何十人って生徒さんがいて、毎年その生徒を
見送るたびにきっと、プレゼントをもらってるだろうと思ったのです。
中には写真をフレームにして送る人もいるだろうし、
でも、先生にも子供がいるし、お家は、きっと自分の子供やファミリーの
写真でいっぱいだと思うのです。 
まー、もらって一時は飾ってくれるかもしれないですが。
写真だけなら、アルバムに収めていく・・・ というのも
アリかと思うんだけど、フレームに入れちゃうと・・ 
きっと、処分にも困る (苦笑)
だから、折角だったらあまり邪魔にならなくて
何かにちょっと使えるような、、 そんなものの方が
いいかなあ、と考えていました。

ずっと前に、友達に空き瓶リメイクでピンクッションを作ってあげて
たいそう喜んでもらえたことがあったので、
ジャムの空き瓶は集めていたのだけど、
そういえば、それ以来作っていなかった・・・
ピンクッションじゃなくても、蓋をデコって小物入れみたいに使えるし、
ちょうど日本から送ってもらった、かわいい金太郎飴
(絵柄は金太郎じゃないけど!)が何種類か残ってたので
それを詰めてプレゼントにしようかと。
食べ終わったら、またスイーツを詰めてもらってもいいし、
その他こまごましたものを入れるにも使えるかなー とか。。

ネットでいろいろ見ていると、
蓋を布で覆うときに、少し綿をつめると
柔らかい印象でよさそうだったので、
マネをしてみようかと思ったら・・・

詰める綿がない!! 

仕方がなく、顔ふき取るのに使う脱脂綿?を
代用することに 

20130715_204601.jpg

ちょっと凸凹しちゃったけど、
よしとすることに。。

20130715_204748.jpg

蓋の表地は、娘のワンピースを作ったときのハギレで、
蓋の裏面は、帽子を作ったときのハギレが、ちょうど
バレエシューズのところが余っていた!! ので、
そこを切り取って使うことに。
ちなみに、この布、100均のてぬぐい。
ピンクと黒の色違いがあって、その両方を使って
娘のチューリップハットを作りました。


20130715_210246.jpg


瓶の中に、先生と一緒に取ったツーショットの写真と
 Miss Sophie
 You are NO.1 Ballet teacher!

というメッセージを添えて入れました。
(なんだ、結局写真も入れたのかよ、とか突っ込まないで~!!)

20130715_210315.jpg


それと、(この国では欠かせない?!)カードは、
娘がほとんど自分で書きました。


20130716_132028.jpg


20130716_132040.jpg



でも、やっぱりそれだけじゃちょっと、、だったので
行く途中に花束を買って行きました。
娘は、9月から通う学校の事で頭がいっぱい(楽しみで仕方がない)ので
あっさりしたものでしたが 
(これが最後!っていうのがいまいちピンときていな感じ。)
プレゼントを渡したら、先生の目にはうっすらと涙が浮かび、
こちらまでうるうるしてしまいました。

小学校から上の年齢のクラスもやってるんですが、
やっている場所が遠くなってしまうので、
毎週通うにはちょっと難しいかな、と思い、
9月からは違うバレエの教室に通うことにしました。
でも、サマースクールをやるみたいで、
本当はもう学校に通い始めている子たちのクラスなんだけど、
ダメ元で聞いてみたら、うちの娘は、もうすぐ5歳になるし
長く続けてるからきっと大丈夫でしょう、ということで
入れてもらえることになりました。
だから、本当は最後の最後じゃなかったんだけどね。


プレゼントって、難しい!
お祝いだったり、感謝だったり、
何かの気持ちを伝えたくて、
相手の気持ちや状況も考慮して
喜んでもらえるように
いろいろアイディアを考えるのだけど、
結局は自分の自己満足の世界な気がする。
手づくりのものが、「心こもった」プレゼントとして
ベスト!とも思わないし、
下手をすると、相手の負担になりかねないし。

プレゼントには相手の好みもあるから
本当にビンゴ!なものであるかは、
正直わからないけど
一番大事な「気持ち」が伝わってくれたら・・・
伝わってるといいなと思います。

明日は娘の園の最終日。
午後は、親も集まって、ちょっとしたセレモニーがあります。
涙、出ちゃうかもなーーーー
つられ泣き。
先生、涙もろいからなーーー(笑)



お帰りの際にぽちっとクリック=1票していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:ハンドメイドと素敵な育児
ジャンル:育児
2013年07月12日 (金) | 編集 |
もう先月の話になっちゃいますが、
今週末(もう明後日だよ!!)に結婚する
イギリス人の友人の、Hen Partyに行ってきました。

Hen Partyとは、
結婚する前に、独身最後を同性の友達と楽しもう!! 
という、この国ならではの伝統的なイベントで、
男バージョンは Stag Partyといいます。
もともとは、結婚式の前の晩にそれぞれが友達とでかけて(飲むのがメイン。)た
らしいですが、次の日、お互い二日酔いで式どころじゃなくなるってことで、
最近では数週間前にやったりするのが普通のようです。
内容も様々。これをビジネスにしているパーティ企画会社?も
いっぱいあるみたいです。
この週末も、街で何組かのHenPartyをしているグループに遭遇しました。
なんでHenのグループって、わかるかって?
たいてい、Hen(お嫁さんになる人)は、ピンクのティアラをかぶっていたり、
「もうすぐ花嫁になります!!」って書かれた
タスキやバッジをしていて、すごい時は周りの取り巻き?も、
お揃いのTシャツを着てたりなんかするので
一目でわかるのです。

この友人ZのHenパーティは、一日飲むことを想定して(笑) 
バスの一日券を買ってバスで移動。
住んでるあたりから30分ほどのところにある海の近くのお城のカフェで
クリームティーをしてから、海岸沿いでとりあえず持参したシャンパンで乾杯。
その後、サルサのプライベートレッスンを予約してあり、
参加した女子みんなでサルサレッスン。
その後、パブでまた飲み直し、予約したレストランで夕飯。
ケーキ屋さんで、ケーキとティーを飲んで、いざ!サルサバーへ。
ちなみに、参加者は女友達だけじゃなく、未来の義母やら義姉、義おばなど
年齢層も様々。こういう集まりって滅多にないので、面白かったです。
日本でも、親しい友人と集まって、結婚式を迎える前に食事、、とかって
こともあるかもしれないけど、イギリスのこのイベントは「欠かせないもの!」って
感じらしい。結婚式と同じくらい楽しみの一つのようです。

結婚式には、結婚のお祝いを持っていくんですが、
Henのときに用意していくプレゼントは、ジョークもの
アダルト・グッズなどが多いよう。 
私は、Henの知識も経験もあんまりないので、どんなものがいいのか
イマイチわからない。。
ネットでいろいろ検索していたら、作れそうなものを見つけたので、
自分でTシャツを買ってきて、ステンシルをしてオリジナルのTシャツを作ることに。


Henの定番の ピンク のTシャツで。

20130517_125607edited.jpg





" Future Mrs. ****** "


「未来の ミセス ***** 」
(***** は、旦那さんになる人の苗字。 この国では、相手の姓を名乗るかどうか選択が自由なので
一応事前に本人に、苗字を変えるのか確認をしました。)


こんなTシャツ、この日くらいしか外を着て歩けない
(私だったらね・・ そうでない人もいるか?)
けど、こんな日くらいしかこういうの、着られないし!!
後は部屋着にでもしてもらうってことで、ね。
正式に結婚して、姓が変わったら、Future ってして、 
Official (正式に) ってしてあげるよ、って言ったら、
それはいいアイディアだね~ なんて言ってました。
照れながらも、喜んで着てくれてたので、よかったです。

20130615_165259edited.jpg



ステンシルは、ワードで気に入ったフォントで名前を書いたものを印刷して、
それを直接切り取って、布用のインクでステンシルしました。
ちょっと写真では見づらいけど、アイロンで貼り付けることができる、
ラメの星型とハート型もくっつけてあります。
ピンク地に白文字っていう組み合わせ、私的にはとても好きなのだけど、
白はどうしてもムラになるし、厚く塗るとひび割れするし・・ で
私みたいな素人には、完成度が低くなる・・・・
だから、こういうお遊びみたいな、そんなときじゃないと無理かなー・・

新品のTシャツに手を加えてプレゼントしてるんだけど、
何かに作り替えた、ということで、一応「リメイク」のカテゴリに入れてみました。
ステンシル、もっといろいろトライしたいな~~



彼女、明後日、いよいろ オフィシャルに Crocher になります。
彼女たちの結婚式は、話を聞いていると、ちょっと普通とは違う・・ 
いや、かなりユニークなことだらけ(笑)
子供たちも共に呼ばれているので、また記事にしたいと思います。
乞うご期待!
今夜は、その結婚式のためのカップケーキを90個焼きました。
明日、デコレーションをして、パーティ会場に届けます。
無事時間に間に合いますように。。。 


↓ 明日のカップケーキ、何事もなくスムーズに事が進みますように、のポチ!をお願いします!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村
テーマ:イギリス生活
ジャンル:海外情報
2013年06月28日 (金) | 編集 |
私はとにかく「モノ」が捨てられません。
昔っから何でもかんでも
「もったいない」
「いつか使うかも」
「何かに使えるかも」
と思っては、溜め込む悪い癖が。。。 
これは母親の遺伝だと思う。 
それでも、引っ越しを繰り返すたびに、自分の首を絞めていることを
痛感し、何年もかけてだいぶよくなってきた・・とは思う。
『断捨離』なんて言葉が流行るってことは、きっと私だけではなく同じような病気?を持ってる人は
きっとたくさんいるんだろうなあ。。
(そういう自分も本を買ってみたりもした(笑))
子供が生まれてますますものが増えるようになり、
このままでは、いつか「モノ」に埋もれた暮らしをするようになる!!
と本気で危機感を感じるようになり、だいぶものを溜めないようになった。
・・って、旦那も言ってたから、きっといくらかはよくなってるのだ(笑)

といっても、「捨てる」という行為がやっぱりどうしても苦手な自分は
とにかく「増やさない」「やたらともらったりしない」(サンプルとかね・・)を
心がけてるんですが。


ちょっとずつよくなってるとはいえ、でもやっぱり!!どうしても捨てられないもの!!!
それは



裁断した後に残ったハギレはもちろんのこと、
着なくなった・着れなくなった服、
古いカーテン、シーツ、 などなど。。。
布!となると、これが捨てられない。

特にね(言い訳かもだけど) この国、なんでかしらないけど、
布の値段が高い!!
たいしてかわいくもないのに、結構なお値段するし、
かわいい~ なんて思ったら、平気で2,3千円/m するし。
ニット素材なんて、まず売ってないし。 

なんでなん???

だから余計に、着なくなった服とかでも
「何かにできるかも」って思ったら、捨てられないのです。
ああ、古着の山が・・・・・・・・

暇さえあればネットで「リメイク」「はぎれ」なんてキーワードで
ネットサーフィンをしてる私。
「はぎれ」を消費する、となるとやっぱりいい(てっとりばやい)方法は
パッチワーク
っていうところに行きつく。
でもな~~ 作るの好きだけど、基本、面倒くさがりだから
こまごました作業はどうも・・・
完成を急ぐ & 使えるものを作りたい性分なので、
ちまちま時間をかけた割に、出来上がったものが「タペストリー」とかっていうのは
イマイチ。。 
それに加えておおざっぱな性格なので、正確にスクエアをきれいに縫い合わせていく・・
とかっていうのも、私向きではない。

そんな中、先日、今度7月に結婚するイギリス人の友人が送ってきた招待状に
こんなお願いがあったのだ。

「手持ちにある、いらない布、なんでもいいので20センチ角にして送ってください。
ゲストのみなさんから送ってもらったものを全部つなげてパッチワークし、
ブランケットにして、一生の思い出として残したいと思っています」

へえ!
20センチ角、ずいぶんでかいなあ。
パッチワークっていったら、5センチとか10センチとかそういうのを
勝手に想像してたけど、そうか、別になんでもいいんだ。

その彼女、パッチワークなんてやったこともなければ、キルティングなんてもっての他。
思いつくまま、やってみようと思っただけ、という。
とりあえずつなげて、裏をつけたらなんとかなるんじゃ~ん? ってなノリで
目からうろこ 
(そんな彼女の持っているミシンは、いっつも機嫌が悪く、縫っている時間よりも
糸と格闘している時間の方が長い・・ それでは、間に合わないよ!ってことで
先月日本に里帰りしている間1か月、私のミシンを貸してあげたのだ。
快調に(っていうか、それが普通?)ミシンが動いてくれたおかげで完成できたよ!
と感謝されました。私は何にもシテナイヨ 
間に合ってよかった! それを見ていた、(将来の)旦那さん、
先日の彼女の誕生日にミシンをプレゼントしてくれたんだって~
いい旦那さんや)



うちのゲスト用のシングルベッド、普段は使ってないから
できれば何かカバーでもしておきたい。

こんだけ家じゅうに布があるのに、
お金を出して買うのか?!


てなことでプロジェクトに取り掛かることにしました。

Simple Quilted Patchwork Throw

とか

babyclothpatchwork.jpg

とか参考にして、まずは娘の服の処分も兼ねて、
私も挑戦してみようかと。。


とりあえず、古着の一山を崩しました ↓

20130628_221713.jpg


主にロンパースなどの下着系。
まだ着れるとは思うけど、人様に譲るほどのものでもないしね。。
かといって、捨てられないしね・・・ 


さて。
これに勇気をもって、ハサミをじょきじょきと入れていきたいと思います!
後は、とりあえず適当に、柄合わせをしてみながら
ひたすらつなげていくべし!!!

という、「プロジェクト実行」宣言なのでした。



↓ プロジェクト がんばってね、のポチをいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
テーマ:ハンドメイドと素敵な育児
ジャンル:育児
2013年06月21日 (金) | 編集 |
何度「再開」宣言を繰り返しているかわからないので、
前置きは省略いたします。。。 

******************

リメイク、相変わらずいろいろやってみてます。
しばらく前に、Pinterestというサイトを見つけてから、これをブラウズするのが日課になっています。
特にこの中の「DIY&Crafts」というカテゴリは、いろーーんなアイディアが満載で、かなりおもしろいのです。
前に記事にした 〔リメイク〕無地長袖Tシャツ → +なんちゃってネックレスのアイディアも実はここから見つけた
ものでした。

今回の 「男物シャツ → 女児ワンピース」 もここで発見。
例えばこんなの。

TUTORIAL: The Shirt Dress


というのも、我が家には着ない男物のYシャツがとにかくたくさんあって・・・・・ 

 なんでそんなにあるのか、というと、以前はリーマンをしていたうちの旦那は、今は会社勤めではなくなり
 シャツを毎日着る必要がなくなった + 旦那のおじいちゃんが着ていたシャツがまだとてもいい状態で残っていて(モノ
 がとてもいい。) それも処分できずにいるから。


いろいろ検索していたら、結構出てきたのでアイディアをいただき


今回使用した型紙の載っている本はこちら ↓ 

少女のまいにちの服―ちょっとおそろいのグランマの服も少女のまいにちの服―ちょっとおそろいのグランマの服も
(2009/04)
月居 良子、H.H. 他

商品詳細を見る


この本に載ってる作品はどれも比較的シンプルで作りやすいので、
リメイクの時の型どりにも重宝しそうです。
シンプルな分、生地の種類やレースなどで遊べそう。

元になったシャツは、写真撮り忘れました・・・ 
普通の水色のYシャツです。


で、こちらが完成。着画 ↓

shirt dress

(写真を加工したら、色が飛んでわかりづらくなっちゃいました・・ やたらなことしない方がいいですね。) 

Yシャツのサイズは確か、Mサイズ。 ワンピースのサイズは120です。
身頃は身頃から、袖は袖から取りました。 ナンノコッチャ
裾にポケットを付けたんですが、このポケットは、袖口カフス部分を切ってそれを再利用しました。
本当は、もともとついていた胸元のポケットを取り外したかったんですが、(三つもちょっとウルサイ 
外そうとちょっと試みてみたら、解いた後の穴が目立ちそうだったので、断念。。
状態はいいとはいえ、古着なのでその辺は気を付けた方がよさそうでした。


ウェストのゴムで絞るところは、本当は白のレースのような生地にしたら
さわやかで大人っぽくできると思ったんですが、
着る本人に相談したら、これがいいというので・・・ 

20130621_163754.jpg

これ、100均の手拭いです。
マトリョシカ好きの私に、確か親友が買って送ってくれたんだと思う。
残念なことに、胴回りにちょっとだけ足りなくて縫い足したんですが、
ゴムでくしゃっとなるので、まったくわからず。
まあ、これはこれで、コントラストができてよかったとしましょう。
本人が気に入ってるんで。

青だから嫌



という娘に着せるためには、娘の気に入るポイントを入れておかないと、
作ったはいいが、お蔵入り・・ ということも十分ありえるので。

(そして、Yシャツといえば、青なわけで。 まだまだありまっせ~ 



再開、また頑張ります。 お帰りの際にぽちっとしていただけたら感無量です!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村
テーマ:ハンドメイドと素敵な育児
ジャンル:育児
2012年10月22日 (月) | 編集 |
今日のイギリス。 朝からものすごい霧でした。
外に出てみると・・・

2012 oct (4)


見事なまでの蜘蛛の巣に、露がついてきらきらと光っていた。
これだけでなく、庭中あっちにも、こっちにも。
よーく観察してみると、網の張り方のパターンがそれぞれ違う。
これって、蜘蛛の種類によって違うのかな?

こうやって見れば、改めて蜘蛛の巣ってすごいなーと思うし、
今日みたいにきれいにきらきらしているのは、初めてみたので
きれいだなー と思うけど、


私は蜘蛛が嫌いだ




どうでもいいことだけど、
この国はとにかく 蜘蛛 が多い!!!
大きいのから小さいのから、もーーーーーとにかくいっぱい。
年中通しているんだけど、特に秋はすごい。
小さいのは何とかなる(あの世に行ってもらう・・ スマン )けど、

アシダカ蜘蛛 (→ 参考 画像注意!!http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%80%E3%82%AB%E3%82%B0%E3%83%A2)
は、見つけてしまうと未だに声(悲鳴ともいう)が出て固まってしまう・・・・
以前義両親と住んでたときは、義母がやってきて「何もしないわよっ!!」といいながら
捕まえて(素手!)外に逃がしてくれた(できれば、しとめてくれーっ と思ったもの・・)けど、
今はそうはいかないので、自分でなんとかできるようにはなった。。 でもいやだ。

確かに悪さはしないらしい、おとなしい性格らしいし、あのにっくきゴッキーの天敵らしいので
あまり無下にもしたくはないけど、この国でゴッキーを見ることはほとんどないしねぇ。。
やっぱり、家の中にはいてほしくないものだ。
で、いろいろ調べてみたら

蜘蛛はミント系のにおいが苦手らしい 

とあったので、早速スペアミントを買ってきて、外庭のドアの脇でプランターで育て始めてみた。(単純)
次の日、そのミントの鉢の上に蜘蛛の巣が張ってたけどね・・・・
でも、そのおかげ?!かどうかわからないけど、今年は去年に比べて家の中での
蜘蛛遭遇率がぐん、と減ったきがする・・・・ 気のせいかもしれないけどね・・・ 


****************

前置きが長くなってしまいましたー 

今日は、プチ・リメイク のお話。
先日、きれいなターコイズブルーの長袖Tシャツを見つけたので、
娘のサイズを買ってきた (ブルー系なので、あわよくば、息子にもおさがれる?!という目論見も。
これ ↓

2012 june to oct (46)


水色 ではなく、もう少しグレーがかった青なので、
秋っぽくていいと思ったし、ぶどう色のスカートなんかとあわせてもかわいいんじゃ?と思ったのに
娘に見せたら、

これ、いや。

と、のたまった。 

理由は

だから。

えー、青は青でもきれいなターコイズじゃんー いいじゃーん 
といろいろ説得してみるも、首を縦には振らず。。。  

そこで、ちょっと手を加えてみることに。
以前、「これ、ナイスアイディア!」 と思って
お気に入りに入れてあったブログのページを参考にしました。
(って、ほとんどパクリだけど 


布用のインク(白)と、えんぴつについた消しゴム部分 & 一回り大きな円のスポンジ を使って
ぺたぺた・・・・・ と 

2012 june to oct (47)

なんちゃって(!) 真珠のネックレス みたいにしてみました。
重ねづけ? (本当にこんなに重ねてつけてたら、ウザイと思うけど・・・・ 



参考にしたページはこちら(英語のサイトですが。。)

http://acoupleofcraftaddicts.blogspot.co.uk/2011/06/4th-of-july-necklace-shirt.html

 ネ、まねっこっていったでしょ・・・ 



娘、気に入って、早速次の日保育園に着てでかけていきました。
が、迎えにいった帰り道。

「ネックレスはいいけど、花がいや

と、のたまわり。
花は却下となりましたとサ  


びふぉーあふたー。

2012 june to oct (53)


でも、これ、正面からみたらまあ、これはこれでいいのだけど、
なんだか、アンバランスっていうか、後ろがさびしいっていうか・・・

そ、そうだ!

こ、これだ!!

いいこと思いついちゃったもんね~ 
あれだよ、あれ!

あれとは。先日、いつも楽しみに読ませていただいているブロガーさんの
ステンシルプレート プレゼント企画に応募したら、
「抽選」っておっしゃってたのに、太っ腹にも「全プレ」にしてくださり、
駄目元で応募していた私も、作っていただけることに!!
超ラッキー 

ちなみに、そのユーモアたっぷり、ハンドメイドねたたっぶりの素敵なブログはこちら

無料型紙ダウンロード ぬいものちくたく

こちらのブロガーさん ちくたさん が、ステンシルねたをブログで始める前から、
無料型紙などでお世話になっていたのですが、
ステンシルのページを開設され、そこを覗いたら・・・

むむむ? 私でもできるかも? っていうか、はまりそーーーっ! 

それまでステンシルって、何だか、道具をそろえたりなんだりと
準備が面倒そうなイメージがあって、手を出すのを躊躇していたのだけど、
ちくたさんのページや記事を読んでいくうちに、
結構手軽に始められそう? っていう気になって、
やり始めたら、おもしろーい!!
・・ という、私がステンシルを始めるきっかけを与えてくださったブログさんなのです。


さて。肝心のステンシルプレート。
アルファベットで作れるものなら、なんでも。名前でも、フレーズでも・・ということで
いろいろ悩んだのですが、結局、自身のハンドメイド ブランドの名前
 
sakura designs

と作ってもらいました。
しかも、「海外発送でも大丈夫ですよ!」とおっしゃってくださり、
直接送ってくださいました! うれしーーーーー 


それが、サイズもちょうどいい感じだったので、背中の上の辺りにいれてみることに・・

2012 oct (5)


・・・ ぅがっ!!

にじんだ・・・・・ 


2012 oct (2)



まだまだ修行が足りませぬな。。 


でも、このプレートは、大きさも、主張しすぎない大きさで、
いろんなところに使えそう!
小さな文字の切り抜きは、手でやろうと思ったら、すんごーい細かい作業になる上
「どこを切り落としちゃいけないのか?!」 ってことに、すごく気を使うしね・・・・・・
まあ、ステンシル用のフォントを最初っからちゃんと使えば問題は軽減するんだろうけど。。
いいなあ、文字のクラフトパンチ。 私もほしいなあ。。 と
ちくたさんの日記を指くわえてみていたのでした。

ま、その前に、もうちょっとステンシルの腕を上げないとなっ 

ちくたさーん!
素敵なプレゼント企画、ありがとうございました!
それに、海外在住組の私にも声をかけてくださって、とてもうれしかったです。
ちくたさんのブログを参考にしながら、私ももうちょっと腕を磨きます~
これからも、楽しい記事(ちなみに、ひそかに息子君ネタに超はまってます(爆))
楽しみにしています!




長くなってしまいましたー 最後までおつきあいいただきありがとうございます。
お帰りの際に、ぽちっとしていただけると幸いです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リメイクへ
にほんブログ村
テーマ:ハンドメイドと素敵な育児
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。